シンボルマーク

 

当教会のシンボルマークは、ご覧のとおり、十字架と魚を組み合わせたものです。

 

十字架は、キリスト教会のシンボルですが、十字架をシンボルとして用いるようになる前は、魚がキリスト教会のシンボルマークでした。

 

魚はギリシア語でイクスース(ΙΧΘΥΣ)と言います。

 

Ι(イオタ)はイエスース(イエス)、Χ(キー)はクリストス(キリスト)、Θ(セータ)はセオス(神)、Υ(ウプシロン)はフイオス(息子)、Σ(シグマ)はソーテリア(救い主)のギリシア語の頭文字です。

 

つまり、「イエス・キリスト、神の子、救い主」をギリシア語で表記し、その頭文字を集めると「魚」になるわけです。

 

かつてローマ帝国によるキリスト教弾圧が盛んに行われているさなか、迫害の手の及び難い地下墓地(カタコンベ)で集会を行う際、その入り口に「魚」のマークを記したそうです。

 

 

「魚」のマークに「ΙΧΘΥΣ」の文字を組み込んだ左図のようなステッカーを自動車の後ろに貼り付けたり、壁掛けにして掲げている人がいれば、その所有者はキリスト者と考えてよいでしょう。

 

私たちの教会は、イエス・キリストを神のみ子、救い主と信じて、キリスト教会を形作るキリスト者(クリスチャン)となった者たちの集まりがここにあるということを、魚と十字架を組み合わせたこのシンボルマークで表現しているのです。

 

イエス・キリストを神のみ子、救い主として信じるとはどういうことか、イエス・キリストを信じる者(クリスチャン)とはどのような人々なのか、興味のある方は、キリスト教会の集会へどうかおいでになってみてください。

 

日本バプテスト

静岡キリスト教会

〒420-0882

静岡市葵区安東2-12-39

☏054-246-6632

FAX    209-4866

 

facebook「静岡教会」

 

当教会のシンボルマーク
当教会のシンボルマーク

当サイトはスマートフォンでもご覧になれます。


 

2014年8月6日サイト開設