静岡キリスト教会のサイトへようこそ

 

 

下の写真をクリックすると、礼拝説教のページに飛びます。

 

 

 

 私たちは、聖書の教えに基づき、この地域にキリストによる希望と平安をお届けしたいと思っています。

 

 聖書は、今日でも世界のベストセラーです。わが国でも、1874年から今日までに、3億4千万冊余りが頒布されたと言われます。

 

 現在、2千以上の国地域の言語に翻訳されて読まれています。世界中の98パーセント以上の人々が自国語で聖書が読めるそうです。

 

 これほど聖書が世界中に広がり、親しまれるようになったのは、ルネッサンスの三大発明の一つ、活版印刷技術の発明も寄与しています。活版印刷の技術が発明されて、最初に印刷されたのが、ラテン語訳聖書(ウルガタ)です。

 

 活版印刷が発明されるまで、聖書は、書き写すか、木で版を彫って印刷するかで、だれもが聖書を持てるという状況にはありませんでした。

 

 また、中世において、カトリック教会公認の聖書と言えばウルガタであり、それも、教職者か神学者しか手にすることが出来ませんでした。つまり、世界のほとんどの人が、自国の言葉、そして、自分の目で、聖書を読むことが出来なかったのです。

 

 聖書を一般民衆に開放しようと立ち上がった人々がいて、英語訳(ジョン・ウィクリフ、ウィリアム・テンダルら)、ドイツ語訳(マルティン・ルターら)の聖書が造られ、以後、各国・地域の言葉に翻訳され、印刷・出版されるようになりました。こうして、だれもが自国語の聖書を手に取ることが出来るようになったのです。

 

 とはいえ、決してとっつきやすいとは言えない聖書、少しでも興味のある方は、お近くのキリスト教会を訪ね、一緒に聖書を開いて読み、そこで語られる解説を聞いて見られてはいかがでしょうか。

 

 「目には目を、歯には歯を」、「豚に真珠」、「狭き門」、「目からウロコ」、「働かざる者食うべからず」など、よく知られた聖書由来の言葉もあります。聖書のどこにあるのか、どのような意味で用いられているのか、ぜひ教会でお尋ねください。

 

 欧米の思想や文化、文学や芸術などの背景にあるキリスト教、聖書に触れたい方は、ぜひ教会をお訪ねください。クリスチャンは勿論、キリスト教に関心がある方、教会は初めて、聖書の話を聞くのも初めてという方、大歓迎です。 

 

 

 日本バプテスト静岡キリスト教会は、プロテスタント(新教)の一教派であるバプテストに属するキリスト教会です。初めは、静岡バプテスト教会と称していました。「バプテスト」が何を表しているのか、一般の方々に分かり難いということがあって、キリスト教会であるということを明確にするため、改称しました。

 

 大岩の宣教師館で2年余り、安東の町に会堂を建てて63年余り、この静岡の町の人々にキリストの福音を伝えてきました。これからも、その使命を果たし続けます。

 

 不安や恐れ、悩みを抱えておられる方、ひとりで悩んでおられないで、一度教会においでになりませんか。苦しみを解決する特効薬など有りませんが、ご一緒に聖書の言葉に耳を傾け、お祈りさせていただきます。進学、就職、結婚など、人生の岐路に立って平安を失っておられる方のために、神様の導きをお祈りいたします。

 

 皆様に主の恵みと平安、導きが豊かにありますように。 アーメン

 

 

 

  私たちはキリスト教放送局FEBCを応援しています
  私たちはキリスト教放送局FEBCを応援しています

↑写真をクリックするとFEBCのサイトが開きます。「インターネット放送」から、ラジオ放送の音声を聞くことが出来ます。

 

← スマホでも聞くことが出来ます。

 

 

 

 

当ホームページは、新共同訳聖書(日本聖書協会出版)を用いています。

聖書 新共同訳:(c)共同訳聖書実行委員会

Executive Committee of The Common Bible Translation

(c)日本聖書協会

Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

 

 

Copyright © 2014 Japan Baptist Shizuoka Christ Church, All rights reserved.

 

 

 

日本バプテスト

静岡キリスト教会

〒420-0882

静岡市葵区安東2-12-39

☏054-246-6632

FAX    209-4866

 

facebook「静岡教会」

 

当サイトはスマートフォンでもご覧になれます。


 

2014年8月6日サイト開設